松本市の歯科医院|とどろき歯科医院 予防歯科

予防歯科

とどろき歯科医院では楽しく健康的な日々を過ごして頂くために悪くなった歯を治すだけでなく、ご自身の歯や、治療した歯が悪くならないように予防することに力をいれております。

むし歯や歯周病の原因はなに?

むし歯や歯周病はバイオフィルムによる感染なのです。
バイオフィルムとはいろいろな細菌が退治されないように手を取り合ってバリアを作った様なものです。

歯は治療すると治るのか?

残念ながら一度むし歯になって、穴のあいた状態(C2)以上になると健康だった元の状態には戻りません
悪くなった所を取り除き人工の材料で補うのです
すると、歯には小さなデコボコが出来てしまうのです
そのデコボコは細菌(むし歯菌)にとっては格好の住処となり、再度むし歯になりやすくなります
結果として治療した歯は天然歯(健康な歯)に比べると再度むし歯になるリスクは高くなってしまったのです
患者さまは、治療すれば治ると思っている方が多いのですが、それは間違いです
特にむし歯が大きくなり神経にまで感染を起してしまうと歯の神経を取り除かなければならなくなります
神経をとってしまった歯は、神経のある歯に比べて寿命がかくだんと短くなってしまいます
神経をとるということ木でいえば枯れ木と同じ状態になってしまうのです
そうなると「食べる」「しゃべる」「噛む」などの基本的な機能を回復することはできるのですが、耐久性は断然悪くなってしまうのです
枯れ木が折れやすいのと同じで神経のとった歯(失活歯)は硬いもの噛んだ拍子に割れたり折れたりし易くなってしまいます
悪くなってしまった歯を治すことはできず、機能を回復させるだけということなのです。

削った歯は二度とは戻らない

むし歯で悪くなった歯は元には戻らないのです
「そんなこと知っている」と思われるかもしれませんが、人間の体はぶつけたりすり傷ができたとしても軽度であれば消毒などすれば自然に治ります(自然治癒)
しかし歯は、他の体の組織と異なり自然治癒することができないのです
ですから悪くなったら、悪くなったらその部分を削り、人工物で補うしかないのです
転んで手をけがしたらからといって手を切り落としてロボットみたいに義手をつける、そんなことを望みますか?
考えただけでも恐ろしいですね
でも歯にはそのような治療が行われてしまうことが多いのです
そうならない為に、歯を大切にして常に悪くならないようしましょう
どんな名医の先生の優れた治療より健康な天然歯のほうが長持ちするのですから。

ではどうしたら歯をのこせるか?

その答えは1~3ヶ月に1回、定期健診とPMTC(プロフェショナルトゥースクリーニング)を受けることです。
アメリカなどでは治療より予防(メンテナンス)を重
視してから国民の平均残存歯数は飛躍的に向上しています。
日本でもこれからは治療以上に予防を心がけた人のご自分の歯を長持ちさせることができるようになっています。

歯ブラシだけで十分に汚れがおちるのか?

実は歯周病の原因は、歯ブラシだけでは取りきれないバイ菌の硬い膜(バイオフィルム)や歯石なのです。
バイオフィルムとは、身近なものとしてはお風呂や台所などのヌルヌルがそうです。
細菌がバイオフィルムになると、うがいだけでは取り除けないので歯ブラシなどでこすり落とさなければならなくなります。
残念ながら患者さんがブラッシングするだけでは、歯と歯の境目や歯ぐきの周りの溝(歯周ポケット)に着いた
バイオフィルムはすべて取り除けないのです。

  • 電話:0263-45-1181
  • 無料メール相談